在宅ワーク体験談

在宅ワークで実際に生計を立てているAさんにお話を聞きました。

『皆さんが在宅ワークについてどのようなイメージを持っているかわかりませんが、いわゆる内職商法ではない、良質なSOHOサイトに登録したからといって仕事がすぐ来るわけではありません。むしろ普通に誰も仕事持ってきてくれませんよ。在宅ワークはそんなに甘い仕事ではありません。それに、在宅ワークだからといって家に居てずっとPCに向かってればいいというものではないのです。私も営業だったり打ち合わせ等で、なんだかんだで週3・4日は外でクライアントと会っています。

もちろん受注したらクライアントの満足いくレベルに仕上げることは当然ですが、想像以上に営業の経験や話術が必要になります。なので、良く聞く通信教育などはどこまで指導してくれるのかわかりませんが、一般事務に困らない位のレベルの「在宅ワーク」をするためのスキルアップ用に学ぶなら、はっきりいってお金の無駄遣いだと私は思います。それくらい自分で十分勉強できるはずです。それから、見落としがちな人が多いのですが、在宅ワークって「仕事をして納品したら終わり」だと思っていませんか?実際はそうではないんですよ。納品してただボーっと待っていたってお金はもらえません。

自分で領収書を切ったり、請求書を切ったり・・その前に営業かけるときには自分で見積書を作成しなければならないこともあります。こんな風に実際は本職の仕事以外での雑務に結構時間とられるんですよ。会社勤めなら制作・営業・経理ってそれぞれ別の仕事でしたが、在宅ワークでは全部一人でやらなければいけないですからね。さて、本題の仕事に関してですが、例えばデータ入力でいくらぐらい稼げると思ってますか?

実際、ベタ打ちで文字単価0.2円~0.3円のレベルです。ちなみに私は、いわゆるタイピングソフトだとローマ字打ち400字以上いきますが、実務レベルだと200字/分前後ですね。半分以下の効率です。なぜなら実際の原稿は崩し字を使っていたり文字がかすれていたり、最後までまともに読めるものはほとんどありません。さらに校正作業などをするので実際のところは時給900円いけばいいほうかな、という感じでしょう。仕事募集割合としてはベタ打ち:住所DB・勤怠ベリファイ=1:9ぐらいですね。ベタ打ちの仕事はほぼないのでデータ入力での高収入は期待しないほうがいいかもしれません。

参考までに、私は年中無休でAM7時からAM2時まで仕事&顧客対応してます。家事や息抜きでさすがにその内の4時間ぐらいは仕事をしていない時間がありますが、それでも会社に勤めていたころの方が自由な時間は多かったです。特殊な技術を持たず、在宅で生計を立てるということは、そういうことなんです。それでも仕事があるだけ幸せだと思ってますけどね。』