在宅ワークへの適合性

仕事の前に学んでおこう

どんな仕事でも誰にでも出来る仕事はなく、人によって向き不向きがあります。ではどのような人が在宅ワークに向いていると言えるのでしょうか。簡単にいいますと自己管理能力がある人で、こだわりを持った人、まじめでマメな人などが在宅ワークをやるにあたって向いている人といえるのではないでしょうか。

まず自己管理能力についてですが、今までも再三言ってきたように、在宅ワークというのは基本的に一人で仕事をしていくわけですから何から何まで自分で管理しないと仕事は進みません。仕事を取り付けるところから作業をして納品をして、お金を回収するところまで全て一人で行わなければいけません。もちろん例え体調不良を起こしても納期が延びることはありません。そういった意味で自己管理能力がある人でなければ成功は難しいでしょう。簡単なように聞こえますがこれがなかなか大変です。

自宅だということで、例えばテレビを見ながら仕事をしても誰にも文句をいわれません。

疲れて眠くなれば、寝床はすぐそこにあります。しっかりと管理をした上で息抜きをする分には良いでしょうが、それが原因で納期が遅れてしまったら本末転倒です。在宅ワークは好きな場所で好きな格好をして仕事をすることができるというメリットはありますが、言い方を変えれば、会社と自宅の区別をつけにくくメリハリをつけずらい仕事です。自己管理が出来る人というのは周囲に流されずに強い意志を持ち、適度な気分転換の方法を理解して、メリハリをつけて働く事が出来る人の事なのです。皆さんは大丈夫ですか?次にこだわりを持った人というのも在宅ワークに向いていると思います。どんなに作業スピードが速くても、クライアントが納得するものを納品できなければ、仕事はきません。そういった点で仕事にこだわりを持てるかどうかは在宅ワークではとでも大切なことです。

最後にどんな仕事でも細かくマメに動くということはとても大切なことですが、仕事を一つもらうためにいろいろと労を惜しまずに小さな事務処理もすべて自分でやられるかどうかということも在宅ワークの適合性を見る場合に重要になってくると私は思います。