在宅ワークの報酬

時給換算で考えてみる

在宅ワークを時給に換算するとどれくらいになるのか、これから在宅ワークを始めたいと思っている人は特に気になることだと思います。しかし在宅ワークを時給換算しても、実際に外で働いた場合の時給とは少し異なります。どういうことかと言うと、例えば外でアルバイトなどをして働いた場合の時給は仕事の内容にもよりますが、暇な時間も忙しい時間も時給は変わりません。極端な話し、暇な時間が多くてボーっとしていてもその時間帯の時給が下がったり、カットされることはありません。

しかし在宅ワークの場合にはぼ仕事が進まなければ、時給はどんどん下がっていきます。つまり在宅ワークは時間でいくらという決まりはなく、仕事量によって報酬が発生するので1時間にどれだけの仕事が出来るかによって時給が上がったり下がったりするのです。では簡単に在宅ワークの時給を計算してみることにしましょう。たとえば単純に1時間に10ヶの作業をこなすとして、1ヶの作業単価が100円だとしたら、時給は1000円になります。

これが在宅ワークの基本的な時給換算です。しかし次の1時間に作業が8ヶしかできないとこちらの時給は800円で2時間の平均時給は900円ということになります。このように外で働く場合の時給と少し意味合いが違うということを覚えておいてください。これを完全出来高制といい、時間ごとに達成した仕事の数によって報酬が上下するという体制です。

つまり在宅ワークは自分のスキル次第で報酬が大きく変わるということになります。外に出て行うアルバイトは自分の時給をコントロールするこは出来ませんが、在宅ワークなら頑張れば頑張った分だけ出来高が上がりそれが報酬のアップにつながるためやりがいのある仕事なのです。